WPA3に関する続報が出ているかどうかを調べてみました。

 こんにちは。しばらく間が開いてしまいましたが、今まで同様少しずつ記事を書いて
行きます。お付き合いのほど宜しくお願いいたします。

 再開第一弾は「WPA3詳細の続報について」です。
 昨年の段階でWPA2に関する脆弱性が指摘されました。そこで、PC・スマホ・タブレット
などのクライアントOSを提供しているベンダからセキュリティパッチがリリース
されました。多くはこれで対応可能です。
 さらに、無線アクセスポイント(以下無線AP)を提供しているベンダから対象機器用に
セキュリティパッチがリリースされました。

 これらの問題に抜本的に対応すべく、今年初めにWPA3の規格の概要が公表されました。
 WPA3にはWPA2同様に、パーソナルとエンタープライズがあります。前者は家庭用、後者
は業務用と理解していただければ結構です。(家庭用を業務用で利用する点に関する問題は
別の機会に書くことにします)

 ざっくり言うと、以下のような点が挙げられます。

・単純なパスワード設定でも保護される
・IoT機器向け設定が容易になる
・公衆無線LAN利用時の安全性向上

 上記の内容についての詳細は、今年後半に発表とされていました。現時点では新たな情報は見当たりませんでした。
 クライアント機器や無線APベンダ各社におきましても、WPA3に関する製品情報の発表はないようです。新製品等は2019年後半頃ではないかと言われています。
(注:10月15日のimpressさんの記事で、WPA3対応のルータが発表されたとのことですが、現時点では新機能を試すことが出来ないとのことのようです
【参考URL】https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1147159.html

 1社1機種だけですが、新機種発表はありました。各社既存機種に関してのWPA3対応についての発表は現時点ではないようです。ソフトウェアアップデート(無線APに関してはファームウェアアップデート)に関するアナウンスも見受けられません。
 新たに公表され次第、取り上げて行きますのでお待ち下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ