無線LANとWi-Fiの違いはある?ない?

 携帯電話大手キャリア(MVNOも含む)の3G/4G回線で接続する場合を除いた無線でインターネット接続する際に、どのように表現しますか?「無線LANで接続する」と言いますか?それとも、「Wi-Fiで接続する」と言いますか?

 両方使う場合もあるかと思いますが、両者は同じものを指すのか、あるいはほぼ同じだが微妙な違いがあるのか、はたまた全く異なる代物なのか?という点について書いてみることにします。

 先に結論から言いますと、「無線LANの中にWi-Fiが含まれます」「Wi-Fiは無線LANの中の規格の1つです。現状ではWi-Fiに標準化されたので、事実上はWi-Fi以外の規格はなくなりました。なので、無線LAN=Wi-Fiという風に解釈されています。」ということになります。

 無線LANを利用するために、アクセスポイントとアダプタが必要になります。無線LAN接続用機器が出始めた頃には、アクセスポイントがアダプタを選ぶというように、特定の組み合わせでないと通信出来ないというような事態が発生した記憶があります。そうなると、迂闊にアダプタを追加購入したり、アクセスポイントを買い替えたり出来ませんよね。無線LAN環境を構築すること自体がギャンブルというような状況だった時期がありました。今では到底考えられないお話ですね。

 そのような不便さ・リスクを解消するために、標準規格を作ろうという話になりました。どのメーカーのアクセスポイントとアダプタの組み合わせでも問題なく使えるようにしようということで、IEEE802.11という標準規格を新たに設けました。ベンダニュートラルが重要ですので、Wi-Fi Allianceという団体を設立し、IEEE802.11に適合する機器をWi-Fiというロゴを付けて販売しても良いということになりました。

 これでアクセスポイントとアダプタの互換性が担保されるようになりました。この流れによって、市場に出回っている製品ほぼ全て(もしかすると非対応な製品が存在するかもしれませんので、念のため「ほぼ」を付けておきました。)Wi-Fiを謳えるようになりました。
 その結果、利用者はメーカーを気にすることなく、アクセスポイントやアダプタを購入して使えるようになりました。二次的効果として、Wi-Fi=無線LANという風に理解されるようになりました。

 無線LAN・Wi-Fiについて、どのような仕組みでつながるのかといった技術的な側面に関しては、こちらも後日書く予定です。
無線LANとWi-Fi_IEEE802.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ