telnetsについて少々調べてみた結果

 telnets。「SSL(TLS)で通信経路の暗号化を施したtelnet」なのですが、httpsやpop3sやimapsやsmtpsなどのように使われている様子を耳にすることがまずありません。
 SSLで通信経路を暗号化したftpsはたまに耳にすることはありますが、telnetsに関してはまずありません。

 telnetsのポートは992/tcpです。マイナーな存在でもありますので、FWでポートを閉じられていることも多いのではないでしょうか。
 sshだとsftpやscpコマンドでファイル転送が可能です。他にポートフォワード機能もあります。こうなってくると、「sshで十分事足りるのではないか?telnetsなんて使う必要があるのか?」という疑問も残ります。

 この場合、telnetsは単純にtelnetをSSL(TLSですね。現在は)でwrapしただけですから、機能追加されているわけではありません。sshのように公開鍵認証機能があるわけでもありません。セキュリティ的にも「?」で、かつ機能的にも貧弱なtelnetsを敢えて使う理由が思いつきません。サーバ側ソフトウェアに対しても対応させるための情報が少ない
ので、積極的に対応させることが厳しいのかもしれません。
 ファイアウォールで992/tcpを積極的に開けたくないというのも大きいでしょうね。

 以下はWikipediaの「TCPやUDPにおけるポート番号の一覧」に関するリンクです。
実際にはこれぐらいしか情報がないというのも現実です。
TCPやUDPにおけるポート番号の一覧
 「sshではなく、telnetsを積極的に使用した方がいい理由」を見つけられましたら、改めて書いてみることにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ