公衆網とは

 NTTKDDIケイ・オプティコム等の電気通信事業者が管理する不特定多数の利用者に向けて提供する通信回線のことを指します。公衆回線、公衆通信回線と表現する場合もあります。
 狭義の解釈で、電話回線網を指す場合もあります。最近はデータ通信用回線も含めた電気通信事業者が提供する通信回線全体を指すことが多いようです。

 では、LANとはどう違うのでしょうか。LANは建物内にあるネットワーク機器やサーバ・PC等をLANケーブルや光ファイバー等で接続しています。対して、公衆網は「LANとLANを接続するWAN」と表現されることがあります。
 前者は機器間を接続するケーブルは自前で管理しています。後者は電気通信事業者がケーブルを管理しています。

 ある組織が拠点Aと拠点Bを接続したいものとします。拠点Aと拠点Bの間が私有地でつながっていない限りは、勝手に光ファイバーを引き回すことは出来ません。自前で引く代わりに電気通信事業者の通信回線(公衆網)を借りて両者間を接続します。
 これが専用線(物理的に独立している)なのか、VPN(複数の利用者と物理回線を共有しているが、論理的に分割されている)なのかは区別しません。物理形態を問わず、公衆網を利用していることになります。

 この例では「LANとLANを接続するWAN」が1つだけですが、これが複数相互接続され、ISP(Internet Service Provider)も接続されて行くと、The Internetとなり、インターネット全体を指すことにつながります。
 インターネットを「ネットワークのネットワーク」と表現することもありますから、「インターネットを構成する一部の要素」という表現も出来そうです。
公衆網とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ